翩翩十六夜

最美不过遇见你,kazu

【歌词】アノナツ

独活:

摇晃的车内
盛夏夕阳下的跑垒手
虽然看起来和过去不一样
但是却又什么没有变的东西存在
一直在心里存在,各自爱惜般的放在心底

家人朋友恋人的笑声

无法忘记那个夏天流过汗水
是我们永远的宝物
是那个夏天给我们的礼物


あか大好き:



アノナツ (收录于#JUSTJIN)
written by: Jin Akanishi·Jun Shirota・Zen Nishizawa・ Dominic Pierson

夏が来たとはしゃいでたのもつかの間
また少し肌寒いいつの間にか
思いかえす日差しとビキニ
デジタルカメラに残るあの日々
踊る思い出SlowにFlashback

時間巻き戻す 記憶よみがえる
楽しかった夏があった
雪はまだ少し冷たすぎて

例えばビーチへ向かう
ギュウギュウの小さな軽自動車
くだらない話で盛り上がる
揺れる車内真夏の夕日走者
見た目は違う昔とは
けど変わらない何かがそこにある
ずっとある胸にある
それぞれに大切に刻み込んである
小さい頃公園で遊んだ
家に帰るのを泣いて嫌がった
する事もないくせにただ集まった
夜遅くまで語り合った
星空を見上げて強く願った
恋の結末を知りただ泣いた
夏の終わり切なくなった

アノナツのボクらは
未来のボクらへと
素敵を詰めた胸に
鍵をかけた
願うたび見ていた
あの星は今も
何か言いたげに光って
照らしていく My Way

季節の終わり感じるこの思い
僕はいつも通り少し現実逃避
夜コンビニ売れ残る花火
立ち止まり時間舞い戻る
日も暮れ輪になり線香花火
君は隣で美しい絵となり
また君に心揺れてる
なぜか鼓動の音が聞こえる
 
来年の今頃もこうしてたいよ
またここでみんなで笑いたいよ
僕らを熱く照らした太陽
人は人へとすべてに愛を
いつか星が流れたらと言えるようにしてた
あの願いはいつまでもこの胸にあるよ
あの夏を永遠に忘れないよう

アノナツのボクらは
未来のボクらへと
素敵を詰めた胸に
鍵をかけた
願うたび見ていた
あの星は今も
何か言いたげに光って
照らしていく My Way

夜風花火波音が切なく
胸騒ぐ上がる楽園が広がる
街砂浜山川響く声
家族友達恋人笑い声
泣くほど笑い転げてた涙
忘れないあの夏に流した汗は
僕らの永遠の宝物
あの夏からの贈り物

夜風花火波音が切なく
胸騒ぐ上がる楽園が広がる
街砂浜山川響く声
家族友達恋人笑い声
泣くほど笑い転げてた涙
忘れないあの夏に流した汗は
僕らの永遠の宝物
あの夏からの贈り物

アノナツのボクらは
未来のボクらへと
素敵を詰めた胸に
鍵をかけた
願うたび見ていた
あの星は今も
何か言いたげに光って
照らしていく My Way




 
翻译: 




夏天来到 喧闹欢乐的时间
还能感到一点儿寒冷的时候
回忆起阳光和比基尼
在数码相机中留下的那些日子
回忆跳跃着进行着慢回放

时间倒退 记忆重现
有过欢乐的夏天
雪仍然有些冷过头了

假如向着沙滩的方向
跑着的小汽车
因为无聊的话题气氛高涨
摇晃的车内
盛夏夕阳下的跑垒手
虽然看起来和过去不一样
但是却又什么没有变的东西存在
一直在心里存在
各自爱惜般的放在心里

小时候在公园内玩耍
哭着不愿意回家
不做什么事也能聚在一起
聊天聊到天色很晚
仰望星空强烈的许着愿望
知道恋情的结束也只是哭了
夏末时光变得有些伤感

*那个夏天的我们
对未来的我们
填满美好的心中上了锁
许愿的时候看到的那颗星星
现在像是说着什么一样
照亮着我前进的路

这种感受到季节结束的回忆
我像往常一样有点儿逃避现实
夜晚的便利店里卖剩下的烟花
停滞的时间重返
夕阳西下围成圈挥舞着仙女棒
你在身边成为一幅美丽的画
你的心还在摇摆
但却能听到鼓动的声音

来年的这个时候也想这么做
仍然想在这里和大家一起欢笑
热烈的照耀着我们的太阳
人与人之间传递的爱
到星星能够流动的时候就能够说出口
那个愿望无论何时都在这心中
那个夏天永远也无法忘记

重复*

#夜风花火和海浪的声音有些哀伤
胸口骚动着建好的乐土变宽阔了
街道海滨沙滩和山川回响的声音
家人朋友恋人的笑声
跟哭泣般笑到流出的眼泪
无法忘记那个夏天流过的汗水
是我们永远的宝物
是那个夏天给我们的礼物

重复#

重复* 




 







——アノナツ這歌挺意外的,抒情曲帶點異國民族風,是赤西桑至今尚未嘗試過的曲子呢。




仁:這首歌原本是城田純做的原型曲然後歌詞還有節奏編曲全都改變過的,然後副歌部分也全改過,是十分有潛力的曲子。想著要在專輯裡也放些這樣的歌呢。 














城田优博客:其中1曲アノナツ是哥哥纯作为Alma活动时制作由仁重新改编的曲子







  
  
  




 
 
 




虾米在线


评论

热度(9)

  1. 翩翩十六夜独活 转载了此文字
  2. 独活あか大好き 转载了此文字
    摇晃的车内盛夏夕阳下的跑垒手虽然看起来和过去不一样但是却又什么没有变的东西存在一直在心里存在,各自爱